パンストフェチとエロス

パンストフェチとはパンティストッキングがもつ人間の肌にはない光沢性、それによって生じる独特なレッグライン肌とは異なったナイロン特有の感触(手触り)に性的嗜好を持つ者を指す。1963年以降、パンティストッキングは世の中に広まっていったが、フェティシズム自体が注目されるようになった1990年代初頭まで、パンストフェチに関する具体的な現象は確認できていませんでした。ボディコンブーム(2019年に40代50代の人妻さんの20代の頃)がパンストフェチ勃興の一助となったとも考えられますが、それらに対して言及した論述は今のところ見つかっていません。 具体的な著作物の存在として最も古いものは1992年に心交社がより発売した『フェティシズム叢書』シリーズがあります。同書にて、同時期に巻き起こっていたボディコンブームに乗る形でボディコンを着た女性が穿いたパンティーストッキングのアップ写真を数多く掲載した。以後、パンティストッキングフェティシズムにターゲットを絞る形で次々と出版されるに至っています。 そのあとパンストアイドル橋元優菜(AV女優)たる人もいました。その頃には人妻がパンストを題材にしたブログも多く存在しました。またおもしろいところではエロ漫画ではないが、日本版アニメで、 ゴースト達に、天から舞い降りた2人の落ちこぼれ天使パンティとストッキングの姉妹が立ち向かうという「パンティ&ストッキング」というアニメもある。

パンストと性行為

パンストフェチの性交は主にパンティストッキングの股間の部分に穴を開けて、パンストを脱がさず穿かせたまま、その穴を利用し性行為を行う。この性行為は着衣セックスの一種であります。パンティストッキングに穴を開ける行為自体を嫌う人妻層も存在し、これらの層は男性器が挿入できるよう穿かせたパンストを一部ずらすか、そのまま着衣のままクンニや顔面騎乗を行うオーラルセックス等を好む人が多いのも特徴です。また実際に膣に挿入することなく、パンスト着用女性の股間や太ももの間にペニスを入れピストン行為により射精に至り快楽をえるといった素股行為もある。またパンスト着用の人妻がペニスを出した男性を仰向けに寝かせ、足のひらでペニスを包み込むようにしピストン運動で射精する足こきも存在する。また普通の手こきでもパンストを手に被せた女性が行ったり、フェラチオに関してもペニスに被せたやり方も存在し、パンストの感触を楽しむという行為もあり、そのためパンスト性交の仕方は、人それそれいろんなバリエーションがある。そしてまだまだ多く存在するパンストマニア…そして空前の生足ブームも一旦熱が冷め、人妻を中心に需要が増えつつある今、輝くナイロン素材で覆われた美脚で私達パンストフェチを魅了する妖艶な素人奥さまサイト「人妻パンスト」です。

人妻とパンスト共演

同じパンスト好きでも若い子が好きな人も多いが意外にパンストマニアには人妻好きが多い。「人妻」という響きだけでエッチな妄想をしてしまうメンズは多いとも思う。まさに読んで字のごとく人の妻でありその世間的には許されることのない背徳感が人妻とのエロスを助長するのでしょう。そこへパンストというフェチが好むアイテムが加わればそれは鬼に金棒、大興奮間違いなし。 【熟女ブームでパンスト再燃】 いまや世の男たちは空前の熟女ブームだけど昔から一定層の割合で年増の人妻を好む女性もいたはず。そして熟女を表すのにパンストは切っても切れない縁がある。あまり表建って表現さえれることはないが熟女の年齢層にはパンストを愛着している人が多く、また人妻熟女好きにはパンスト好きが多くみられることでエロ動画や風俗などでも結構な確率で目にすることがあります。