SNSで知り合った人妻と出会ったその日にパンストプレイ

SNSゲームで知り合った人妻とはじめて出会ったときから一目惚れパンストプレイをした時の体験談です。とくにゲームにハマっているわけでもなく暇つぶしに入れたゲームアプリで仲良くなった自称人妻とはSNS内でのゲーム友だちでしたが今度食事にでもと誘うと簡単にとはいきませんでしたがいつの日かオッケーサイン!

ゲームよりもリア充を望む俺にとっては願ったり叶ったり。ま~そもそもの狙いは人妻とエッチすること!会う当日待ち合わせ場所にいくとあまり目立ちはしませんが小綺麗にしている奥さまがひとりベンチに座って携帯をいじっていました。ロングスカートでしたがパンスト履いているとフェチならばすぐにわかるひざから下の光沢の脚にヒールの姿にはやくも小生のムスコは暴れ馬w。

人妻パンスト画像

もう「こりゃしたい!」とはやる気持ちを抑えながら声を掛けます。どちらともなく目でお互い合図をして確認して一緒に歩き始め一応食事に誘うが「あまり一目につくのがイヤ」だということでもう、動物本王むき出しに当たって砕けろ精神で「じゃ。どうするの?」、「ホテルへ行く?」と聞くとあっさり「OK」!んじゃ、善は急げ(笑)でそそくさとホテルへ入室しました。

ふたりでソファに座り手を握り軽くキス。拒まれなかったので調子に乗ってスカートの中に手を伸ばしパンストの太ももをまさぐり股間に手を伸ばそうとしたところでストップ!「ちょっと待って服がシワになっちゃうから脱ぐ」、服を脱がせながら、もちろんパンストとパンティだけでも履いたまま進行したい俺は「俺が逃せてあげる」といい上はブラ一枚、下半身はパンストとパンティのみの状態にしていきなり股間に顔を股ぐらに押し込んで顔をフニフニ動かして人妻の香りを思いきり吸い込みます。

そしてパンストのナイロン越しに太ももの柔らかな感触を唇と下で丁寧に味わいながらパンストのつま先にたどり着きます。本当ならパンストのつま先は口に頬張ってしゃぶりたいところでしたがさすがにはじめての人妻とそれをやると引かれそうだったのでw
軽く舐めたりキスをして人妻の脚と匂いと分泌液を吸い込んだパンストを思う存分堪能しました。

関連記事