パンストとブーツフェチの楽しみ方①履くときに見えるパンチラとの極上アンサンブル

人妻パンストブーツ画像
ブーツを語る時にとよく脚フェチとセットにされることが多いのだが、パンスト好きの自分から言わせると単なる素足からとパンストを履いた上からのブーツは全く異なるwや!どちらがいいというのではなく別の次元だと言いたい。ブーツを楽しみたいのならパンストは必須項目。人妻なら尚更パンスト着用の上にブーツを履いてほしい。さて今日はブーツフェチと呼ばれる人の中にはその楽しみ方が5つ定義されている中のひとつについてお話ししたい。ひとつが「装着方法」(ウィキペディアより)らしいw要するにブーツを履くときの仕草。特にロングブーツだと脚を通す際に脚を高く上げる必要が出てくる。そのときは当然スカートだとパンスト越しの三角地帯が見える確率が高まるので目の前で履いてるのを見たらそりゃパンチラしなかったとしても食い入るように見てしまうに違いない。つまりは見て性的嗜好を満たす楽しみ方がある。パンストフェチ目線で見るブーツの存在は極めて重要だがブーツそのものに対してはそれほど気持ちがいかないけどパンストを履いた脚に着用するまでの一連の動作を見て楽しむのは理解できる。中には履く途中にパンストのナイロンとエナメルや皮のブーツが合わさる「キュッキュッ」という音に惹かれるというツワモノもいるらしい。

関連記事