あるサイトを見つけた途端にパンスト顔面騎乗がエッチの主軸になった日

人妻パンスト顔面騎乗画像
うちの夫はよくエッチなサイトを徘徊しています。あるフェチサイトをはじめて知った夫はそれを見ていきなり私への要望も変わりました。

そのサイトは顔面騎乗とか匂いフェチのM気質の男性サイトでパンスト着用率も多く夫の好みにドンピシャ!であり以上に興奮したようである日私にもその会員サイトのサンプル画像や動画を見せてきて

「こんなの撮りたい」って言ってきました。

そうこんな事がし・た・いではなくて撮りたい…と言ってきました(苦笑)
その見せられた画像はOLスーツを着てパンストのまま男性の顔に跨って股間を押し付けている画像でした。

私は特に断る理由もなく、お願いされたようにOLスーツに着替えていつものように言われるがままにパンティの上からパンスト履いて夫の顔に跨って…。私の股間にむしゃぶりついてきます。

人妻パンスト顔面騎乗画像

「んん~ッ」湿り気のあるねっとりとした舌と唇の感触をパンスト越しに股間に感じていました。

「あ、あ~ダメ…」

夫はぎゅっとお尻を両手で鷲掴みにして自分お顔をの方へ股間を引き寄せ私にも

「腰振っていいよ」

パンストとパンティの2枚の布切れは股間の部分だけがもうすでに執拗な顔面騎乗クンニでビチョ濡れ状態。男の人の顔にアソコをこすりつけるように跨っている…。そう考えただけでも自分のいましている行為自体がとてもエッチに思えて余計に興奮してきたのを覚えています。

すごくエッチで恥ずかしい格好だけどなぜか感じてしまうし、気持ちいい。

それからというものエッチな撮影の時は当然のこととして顔面騎乗がプレイのひとつに加わりました。もちろんビデオ撮影なんてしないでもベッドの上でパンストにプラス顔面騎乗は定番化していきました。

余談ですが、どれくらい夫が顔面騎乗に執着していたかというと、ある日の休日パンストにスカート姿でお買い物デートから帰ってきてすぐさまベッドの上にスカートだけ脱がされ即顔面騎乗していた時のこと。

途中からパンストも破かれて顔騎クンニされているときに突然夫は

「う、足がつった!・・・」(笑)

私「えッ、大丈夫?」すぐに夫の顔から降りようと膝をつこうとすると

夫「大丈夫、もっと舐めたい!…うっ」(苦笑)

足がつってもパンストと顔面騎乗はやめられないくらい好きな時でした。

関連記事

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です