人妻に見るパンストのデザインや種類の歴史と現在

人妻パンスト
色は定番の黒・白・ベージュ・グレー・ブラウン以外の色の搭載(タイツ感覚の赤・青・紫など原色)近年は年齢や状況左右されなく普通に人妻使用出来るナチュラル色(シルキータイプ)が多い。形状の種類としては股間が蒸れない様にガーターに倣ったスタイルの、所々の生地が抜いてあるクロスストッキングなどもあり、また、履いている事を目立たせない様に、臀部と太もも部との境、または足の甲と爪先の境という切り替しの無い色の濃淡がつかない、いわゆるヌードタイプやオールスルーパンストという人妻の妖艶度を高めるアイテムもある。またサンダル履きの為に爪先部分のカットがあるものや、果実系の香りをつけたもの、ナースなどが履くパンストとして消臭や抗菌効果のあるものまでさまざま。 デザインでは一躍世に出回った人妻神田うのとパンスト業界大手のグンゼにみられるように、人気女優の抜擢やファッション雑誌とのコラボレーションなど、主にデザイン重視の流行の人妻にはイマイチだが、網タイツ調の格子柄が入った刺繍柄のものや、ワンポイント の模様(特に足首、踝やアキレス腱部分)が入ったパンティストッキングが2000年代にではじめる。今では限りなく素肌に近い薄手で見た目の美脚効果が望めるものが、パンスト自体に馴染みのなかった20代~の若い世代に特に人気らしい。

人妻のパンストの現代

人妻パンストオリジナル画像
パンティストッキングは1990年代前半まで、女子中高生世代にとっての身近なファッションとして愛用されていたが、最近では若年層を中心とするパンティストッキング離れ(生足ブーム)で、OLや一部の学校の制服、チアガール、体操、パーティー、ステージ衣装または入学・卒業式、あるいは結婚・葬式といったセレモニーの時の正装といった、総じてフォーマルな場面以外で人妻が通常時でパンストを着用する女性が激減しているといわれている。一方で1960年代中期にパンストの技術が向上し、一気に女性の定番ファッションとして定着した当時の年代の女性を中心に、外出 時に常にパンストを着用しているという中・高年齢層の女性も少なくはなく人妻、OLさんはパンスト姿も多く見られる。

若妻からパンストビギナー増殖中

人妻パンスト
2011年頃には一時減少の一途にあったパンスト需要に変化も起きている。カラータイツやレギンスに慣れ親しんだ20代前半の女性たちの間に、「ナマ脚よりもきれいに見える」と、”透けるタイツ”の感覚の素肌っぽく見えるパンティストッキングを はき始めるパンストビギナーが増えている。3現在30代くらいの人妻の間でもパンティストッキングは、ナマ脚よりも脚をきれいに見せられるファッションアイテムになりつつある。その”本来の価値”への再評価が今の人気につながっっているらしい。いま人妻熟女と呼ばれる40代50代ではバブル時にパンストの名残があったものの流行していることを知っている人妻さんは少ない脚は女性らしさを象徴する体のパーツの1つ。美脚が男女の憧れであることは、K-POPの女性アイドル人気からもうかがえ、女性のきれいな脚ってやっぱりステキだよね、脚はカバーするよりきれいに見せたほうが得??なんていう発想から人妻のパンスト需要も伸びているのかもしれない。

一部画像引用元:

関連記事

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です