パンストフェチにデブ専がほとんどいないこれだけの確かな理由

人妻パンスト画像
エロ目線で見るパンストなのにも関わらずものすごく主観的な「美しさ」こだわる人がいる。たぶんこれは脚フェチとパンストフェチにしかいない特異なことだと感じたことがるので改めてそれを考察してみることにした。

論説する前に冒頭からいきなり結論を言うようだがパンストマニアの中には美意識に過剰に反応するひとが一部に存在する。いやけっこうな割合でいるのではないかとおもうほどそう感じる機会もたくさんある。それはこちらとしはエロ視点でのパンストで見ているのにパンストのクロッチ部分のセンターシームがヨレていてはいけないだとか、パンスト越しに見える股間はしっかりムダ毛処理が施されていいないとダメだとか、パンティはアソコがもっとも美しく見えるのはフルッバクのパンティだとかに拘る人がパンストフェチの中には存在する。またそのディテールにもこだわりがあるようでアーティスティックなものを好む傾向が強いように思える。だからしてパンスト履いている女性の容姿にも当然批評が出てくる。

美脚には細い方がいいとか長いほうがいい、いや少しは肉付きが…などさまざまな論理が存在するが総じてパンストフェチにはふくよかなボディのいわゆるぽっちゃりさんとか太っている人を好む人はほとんどいない。だってどうみてもカッコつけられるアートじゃないからだろう。

そういった偏見も納得のいく記事を女性ファッション誌で見たことがある。”女性のカラダのどの部位にいちばん先に目がいくか”で
判断する男の心理…みたいなタイトルだったと思う。そこでいわば脚フェチ=一番先に脚に目が行くタイプの男は総じて「プライド型が高く自己顕示欲が強い」ということが書いてあって妙にナットクした覚えがある。これにも何らかの関係がありそうに感じるのである。

そんなアーティスティックなパンストなら下着メーカーサイト見たほうがいいだろうし、プロモデルを使ったAVでも観たほうが得じゃないかと思うのだが・・・。ましてや素人のエロコンテンツをわざわざ好んで見る人たちというのは「はい、撮りました!」みたいな決まりきったキレイな写真よりも多少ブレていても「いつもの家の部屋で携帯で撮ったな」って思えるモノのほうがエロく感じるものである。自分なんかエロいパンストのアソコを見てセンターシームがヨレて具が見えそうになっているのもご愛敬!見えてたらそれは神様が自分に与えてくれた宝物!処理していない毛はむしろスパイス!だってエロで見てるパンストなんだから!!

関連記事