体験談を聞くと怖い話や何か電化製品などの商品の使い方や感想を述べた話と思うがここでいうのはエッチな体験をしたお話の事で大人の体験談だ。街で偶然見かけた美女に興奮した話でもいいし、興奮した人妻とのパンストプレイのこと、自分でマスターベーションした話でもなんでも構わない。体験談のなかには最近よく見かけるVR仕様のAVでの自慰行為や成人向けチャットなどの利用中の実況なども含まれる。これらはmovieで紹介されるものより写真を織り交ぜながらの文章を用いることがほとんどだ。そのため体験談の文面に出てくるパンストを着用させた人妻とするマニアックな行為などシチュエーションを頭の中で想像を膨らませながらエロスに浸るのである。人の体験談は想像力が働かない人種にとっては何がおもしろいものなのか理解が不能かもしれないが、エロ本など活字を読み慣れたものにとっては人妻パンストなど性描写の体験談は返って描画された実際の映像よりも現実的に身近に感じられてより自分自身をその世界へ引き込んでくれるという気がしてならない。ではこの体験談を書いている筆者はどのような人物なのか気になる。実はこれらの作品のライターは3つに分かれる。現実的には経験したこともないことを想像だけで書き上げるフィクション作家と、実以て体感した人妻パンストなどのことを余すことなく書き下ろした体験談を世に送るノンフィクションがある。あとひとつは、どちらでもない他人の経験をヒアリングして文章に起こすいわゆるゴースト○○である。どの書き手が綴ったものであっても総じてR18指定クラスの体験談だとたいがい狂熱するのは私だけではないだろう。人妻好みなど読む側の偏ったパンストフェティッシュなど性的嗜好もあるが性欲の吐き出し口としての読み物ならおおよその男は躍動するに違いない。人妻パンスト好きにとってもスケベな体験談は時々見たくなるコンテンツになっていることだろう。