女性の使用済み下着を男は好みます。人妻が履き古したパンストもそのひとつ。使用済み下着のカテゴリとはどういうものなおか線引きが難しいが、使用済み下着フェチにとっては単に使い切って履かなくなった古着を指すものではないという。たとえ新しいパンストであっても一度でも人妻が履いて使用して肌に密着した部分の香りや匂い(体臭)や汗をマニアは好むである。究極は履いた股間部分の分泌液の存在だろう。使用済み下着に性欲を駆り立てられる人の心理はだいだいが”肌に密着使用し脱いだ直後”の人妻パンストだろう。履いただけで洗濯後とか洗ってしまってはその価値はまったくなくなってしまうといっても言い過ぎではない。それくらい使用済み下着嗜好者にとってはそのもの状態=履いた直後はかなり重要な位置を占める。これらにカテゴライズされるのは人妻パンストに限らずブラジャーや靴下、ストッキングなども含まれる。中でも特に人気が高いのはパンティ。使用済み下着を好む男性の遊び方としてはもちろん匂いを嗅ぎ何度も深呼吸して香りを味わいもっとも肝心な秘部に舌や唇をあてがい舐めてみて味を確かめるのである。また本物の着用中の写真などが添えられたものなら見ながら自慰行為をするとさらに興奮度がアップする。こういった世界を知らない人達にとって変態と呼ばれることも多いが、これが使用済み下着を購入してまで異常な自分の性欲を満たす男の本質なのだ。これら男をターゲットにして自分の履いたパンストなど使用済み下着を販売する人妻などの女性のことを「売り子」と呼ぶ。普段の仕事の合間に小遣い稼ぎでやっている人もいればエッチな画像や動画とともに販売しながら生計を立てている女性までいる。1枚が2000円程度でもさまざまなオプションを追加して男一人が一回で注文する使用済み下着の平均的な額は7500円程度となっており売る側からしても”おいしい”のが人妻パンストを含む使用済み下着なのである。

最近ご注文がちょこちょこ増えたKANAEの使用済みパンストは画像や動画で人気の黒パンストもあります。ですがやっぱりナチュラルなベージュが多いですね(

もっと読む