世の中のパンストの履き方と使い方の常識はパンティを着用してからのその上から履く。いわゆる脚をきれいに魅せるアイテムとして使うものだが、一般的な女性の中にも直履きしてその上から下着を着用する習慣の人妻もいるとか…。また欲望と理性を併せ持つ人間はそれさえも性欲を満たす道具としてみなしたのである。直履きすることの良さは脚のみならず本来なら隠されるべき股間までもがパンストの薄いナイロン繊維に覆われ透けて見えることがはっきり見えなくても見えていることがエロスでありまた特有の質感が人妻のアソコに直接触れた時とひと味ちがった感触で手で触っても唇と舌で舐めてみても楽しみ方は直履きとそうでないのとでは雲泥の差がある。もともと肌着のように素肌に密着しないものをわざわざ直に着させてエッチに臨むのがプレイです。触り心地もさることながら陰部にパンスト直履きしたときのあの押しつぶされたような卑猥な満腔の形状とそれを囲む陰毛の装飾は見ているものを興奮の渦へと誘う。これが人妻だともうその時点で完全ノックアウトされる。それくらい直履きと性行為とは目に見えない何かで繋がっているように思えてくるのはやっぱりフェチとかマニアの世界だけなのだろうか。